外壁塗装基礎知識

外壁塗装の見積もり料金が各会社で違う3つの理由

初めて外壁塗装をご検討中の方の多くは、複数社に見積もりを出して金額や内容を比較されます。
しかしながら、見積もりの金額だけを見ると、会社によって数十万円単位で見積もり金額が異なるケースも見受けられます。

これは悪徳だからなのでしょうか? いいえ、それだけではありません。
なぜ見積もりの金額が異なるのか、その例をお伝えいたします。

 

1.塗料のメーカーやグレードが違う

各塗装会社から出てくる塗料のグレードを確認しましょう。
ウレタン、シリコン、フッ素系、高機能系など、様々な塗料があり、各会社によって取り扱っているものは異なります。
また家の調査により、適していると考えている塗料も異なりますため、そこで違いが生まれることもあります。

なお、ハウスメイクではダイヤモンドコートという高機能なプレミアム外壁塗装システムを主にご提供しております。

 

2.施工範囲が違う

見積書に「一式」と書かれており、内訳が記載されていない場合は、特にしっかりと聞きましょう。
外壁だけなのか、屋根も含まれるのか、屋根以外の付帯部も含まれるのかといった、施工範囲の違いは大きく金額が異なるポイントとなります。

また、この施工範囲は「思ったのと違った」となりやすい点でもあります。
「ここまでしてくれると思っていた」ではなく、きちんと契約前にどこまで施工をしてくれるのかを確認し、不安な方は見積書や図面などの書面で残してもらうようにしましょう。

 

3.人件費が違う

通常、見積書などには記載しないケースも多いですが、人件費の違いも一つのポイントとなります。

塗装工事において、大きな割合を占めるのは人件費です。 その人件費が、全体の費用のうちどの程度の割合なのかをチェックしましょう。

なお、この割合が多い・少ないで見積もり内容や企業の良し悪しを判断することはできません。
しかしながら、各会社の考え方を比べる材料にはなるかと思いますので、なぜこの人件費がかかるのかを聞いてみるのもいいでしょう。

 

見積書を比べる時に絶対してはいけないこと

これまで3つの大きな違いをお伝えしましたが、この機会に皆さんにお伝えしたいことがあります。
それは「中身を見ずに金額だけで決めてしまうのはやめてください」ということです。

上記にもあります通り、金額の違いにはきちんとした理由があります。
そして各会社ごとに現場調査の内容を元に適切だと考えるものを提案しています。

そのため、金額だけで比べて安さで選んでしまうと、実は最も適した工事を家に施す機会を逃してしまう可能性が高くなります。

とは言え、外壁塗装の知識を一般の方はお持ちではありませんので、金額以外で比べ方が分からないと思われます。
そのため、見積書だけのやり取りではなく、しっかりと提案の内容や理由を聞いていただき、納得できた会社と契約をいただくことを強くおすすめします。

 

セカンドオピニオンも実施しています

千葉県にお住まいの方で外壁塗装をご検討中の方はハウスメイクにご相談ください。

当社は日本ペイントから認められた数少ないダイヤモンドコート認定施工店であり、加盟店の集まりである「ダイヤモンドコート店会」の会長でもあります。

優秀施工・優秀店舗という賞を日本ペイントからダブルで金賞受賞している当社は、一般の塗装会社にとどまらず、他の外壁塗装会社の模範とされる会社であると自負しています。

そのため、他社の御見積書を持参いただいて、適切なのかどうかをご質問いただくセカンドオピニオン相談をうけることも大変多いです。
・見積書の見方が分からない
・内容が適しているか分からない
・他にももっと良い施工があるのではないか
という方は気軽にご連絡ください。

千葉県千葉市緑区おゆみ野南に自社ビルを構えており、その1階にてお打ち合わせすることも可能です。
不在時もありますので、まずはお電話などでご連絡の上、お越しくださいませ。

ハウスメイク外壁塗装基礎知識 一覧に戻る

ページ上部へ戻る

Menu