外壁塗装基礎知識

外壁塗装の費用を抑える!? 塗り替えタイミングと目視チェック箇所

家の外壁はいつ頃塗り替えればいいのでしょうか?
使用している塗料や家の状態にもよりますが、新築もしくは前回の塗り替えから10年前後で塗装したらよい、というのが一般的です。

しかしながら、状態がひどくなり大がかりな補修工事が必要になる前に塗装を行う方が、その分お安く済む場合が多いです。

「まだこれくらいなら大丈夫だろう」が、実は余計なお金がかかってしまうこともありますので、今回は改めて、塗り替えのタイミングと日々、ご自身で目視にてチェックできる内容をお伝えします。

 

どんなタイミングが良い?

各社それぞれコメントをしていますが、ハウスメイクでは以下のようなタイミングで塗り替えを検討されることをオススメしております。

・新築、塗り替え時に比べて、外壁の色褪せが気になるようになってきた。
・細かい外壁のヒビ(クラック)が色々な個所に見られるようになってきた。
・壁を触ったら指が白くなった。
・雨が降った後にシミが残るようになった。
・換気扇の下部に黒いシミが目立つようになってきた。

これらは外壁を保護する塗料の膜(塗膜)の耐候性がおちてきているためにおこる症状です。
またヒビについては放置しておくと深くなったり、広がったりして補修工事に時間がかかるようになります。

 

耐用年数

以下を参考に御覧ください。

img02

 

こんな方はご注意ください

以下に挙げるようなお住まいの場合には、一般的な環境よりも家にかかる負荷が多くかかりますので、少し早めに塗装をご検討ください。

・国道沿いや車の往来が多い場所にお住まいの場合
・海沿いにお住まいの方
・周りの家や建物の関係で反射や西日など太陽光を強く浴びている場合

 

ご自身で家のチェック!

家を早めにチェックし、塗装をご検討ください。
また、塗装までいかないまでも補修やメンテナンスを行うことで家を長持ちさせることもできます。

なお、チェックの際には十分、周囲に注意いただき、ケガなどされないようご注意ください。

・壁にヒビが入っていないか (特に壁と屋根、窓、ベランダなどのつなぎ目はひび割れが起きやすいです)
・タイルが浮いている/ずれていないか (壁にタイルを使っている場合には注意ください)
・タイルの間、窓と壁の間などのコーキング(パッキンみたいなもの)が固くなっていないか、ヒビが入っていないか
・壁を触ったら白い粉がつかないか(チョーキング現象)
・シミや色のムラがないか
・ベランダや屋上の床が剥がれていないか、膜が浮いていないか
・外階段や手すりなどの鉄部の錆びが目立っていないか/広がっていないか

※屋根や高い部分、見づらい場所は転落事故など起きやすく、大変危ないですので、確認されたい場合には弊社までご連絡ください。

 

お値段以上の外壁塗装をお求めなら

千葉県千葉市緑区おゆみ野南に自社ビルを構えているハウスメイクにお任せください。

当社はこれまで5,000棟以上の塗装実績があり、現場調査は経験豊富なスタッフが行い、分かりやすく丁寧にご説明しますので、皆様に安心いただいてます。

また、施工につきましても、日本ペイントに認められた十数社のみ取り扱えるプレミアム外壁塗装システム「ダイヤモンドコート」で塗装できるなど、他社から認められ金賞を連続受賞できるほどの技術力を有しています。
気になる点がございましたら、気兼ねなくお問い合わせください。

ハウスメイク外壁塗装基礎知識 一覧に戻る

ページ上部へ戻る

Menu