外壁塗装基礎知識

屋根材と外壁材の種類

「屋根材の種類ってどんなものがあるの?」

 

①セメント瓦

セメントに砂を混ぜて形成したもの。

粘土瓦より安い。

経年変化で色あせるため、約10~15年で塗装の検討が必要。

 

②スレート瓦

セメントに繊維を混ぜたもの。

厚さが5ミリ程度と薄い平らな屋根材。

経年変化で色あせるため、約10~15年で塗装の検討が必要。

 

③金属瓦

鉄合金の板に金属メッキ加工を施したガルバリウム鋼板が主流。

錆びにくく軽い。

 

④粘土瓦

粘土を焼き固めた瓦。

色落ちはしないが、台風や地震などの影響で割れたり、ずれることがある。

 

 

「外壁材の種類ってどんなものがあるの?」

 

①窯業系サイディング

主にセメント質と繊維質を主な原料として、板状に加工した外壁材のこと。

モルタルに比べて工期が短い。

柄や色などバリエーションが豊富。

 

②モルタル

セメントあるいは石灰と砂とを混ぜて水で練ったもの。

表面が固く強度が大きい。

耐火性がある。

乾燥や地震などにより収縮亀裂(ひび割れ)が入りやすいため、塗り替え時には下地調整が必要。

 

③金属サイディング

金属板と裏打材によって構成された外壁材。

とても軽量で断熱性に優れている。

ひび割れ・凍害に強い。

 

④タイル

粘土を主原料に鉱物などを混ぜて焼き上げたもの。

色落ちや変色の変化がない。

目地割れや剥がれの点検が必要。

 

屋根材や外壁材によって、特徴は様々です。

これらの特徴を踏まえて、屋根外壁塗装工事の時期や方法、塗装内容を見極めることも重要です。

 

千葉県で屋根外壁塗装のことなら、お見積り無料のハウスメイクに何でもご相談ください。

スタッフ一同お待ちしています。

 

ハウスメイク外壁塗装基礎知識 一覧に戻る

ページ上部へ戻る

Menu