外壁塗装基礎知識

雨漏りの原因は外壁だけではない!驚くべき雨漏り注意箇所

皆さんは「雨漏り」と聞くと何を連想しますか?
天井からポタポタ水が落ちてくる、壁にシミができる、壁紙・クロスが浮いてくる……見栄えの面でも、衛生面でも、雨漏りは気になりますよね。

では雨漏りの原因はなんでしょうか。
お客様に質問してみると、おおよその方が「壁のヒビ」と答えてくれました。

ところが、実際には多くの原因があり、雨漏り箇所を特定するのは非常に難しいのです。
今回はその雨漏りの原因となりえるいくつかの箇所をお伝えします。

 

外壁のヒビ(クラック)

クラックとは、経年劣化した外壁に多く見られる大小のヒビを指します。
ヒビが深いもの、浅いものなど様々ですが、ヒビの幅が広がるとその分風雨にさらされた際に雨水が侵入しやすくなります。
クラックの周りに黒いシミができ始めたら、本当に危ない印です。

雨水が内部に侵入すると、木部などを腐らせ壁が脆くなり、結果、家全体の痛みが進行してしまいます。
「この程度ならまだ平気」ではなく、こまめな補修・メンテナンスが重要です。
軽微な補修を繰り返す方が、ひどくなって一気に直すよりもはるかに費用を抑えれます。

 

屋上やベランダのヒビ

屋上やベランダがある家では、防水工事が施された部分から水が浸水するケースもあります。

防水工事は外壁塗装と同じで、いつまでも効果が続くものではありません。
工法にもよりますが10年程度たちますとヒビや層の浮きなどが発生し、水が入り込みやすくなったりします。
壁や屋根だけではなく、定期的に防水工事もした方が良いでしょう。

 

屋根材のズレ、釘の浮き

屋根も原因となりやすい箇所の一つです。
瓦屋根でも金属屋根でも、板が重なり合って屋根となっているのですが、風や振動などでそれらがずれてかみ合わなくなってしまうと、そこから雨水が入り込みやすくなります。

また、屋根に打たれている釘が徐々に浮いてきてしまい、外れてしまうケースもあります。
そうすると釘を打っていた穴から雨漏りをするということもあります。

駐輪場や工場の屋根などで見られる波状の切板屋根などの場合も同じで、錆びなどが原因でそこから水が入り込みやすくなったりもします。

 

雨漏りが起きる前に塗装・メンテナンスを

雨漏りが起きてしまうと、まず調査に非常に時間がかかり、状況によってコストが膨大になってしまいます。
また原因を突き止めた後の補修工事も大がかりになり、状況によっては複数個所が原因で雨漏りをしていて全部を直さないといけない、なんてことも考えられます。

そのため、雨漏りが起きる前の定期的な補修やメンテナンスを実施することでだいぶそのリスクは減らすことが可能です。

ハウスメイクは外壁塗装の他、屋根の葺き替えや防水工事など、外装に関わる全ての工事を承ります。
現場調査は無料で行いますので、家の状態が気になる方は、まずは気軽にご相談ください。

また、お写真を持参いただき、弊社の自社ビルでお打ち合わせをいただくケースも増えております。(千葉県千葉市緑区おゆみ野南にあります)

ご来店いただくことで、資料や画面を使って、外壁や家についての知見を高めていただくことが可能です。
まずは気軽にお電話・メールください。

ハウスメイク外壁塗装基礎知識 一覧に戻る

ページ上部へ戻る

Menu