外壁塗装基礎知識

30年長持ち!?常識を覆す新しいシーリング材「オートン イクシード」を採用

ハウスメイクではプレミアム外壁塗装システム「ダイヤモンドコート」での工事で日本一の実績(※1)があります。
※1 2016年ダイヤモンドコート店会調べ

 

ダイヤモンドコートは10年色褪せない美観が一つのポイントで、クリヤーも併せることでさらに長くその高機能を保つことができます。
しかし外壁には壁だけではなく、壁とのつなぎ目を埋めるための材料が必要で、これをシーリング(コーキング)と言います。

 

通常、シーリング部分は10年程度が耐用年数となりますので、外壁の状態は良くてもシーリングが経年劣化で傷んでしまい、補修工事が必要となるケースがほとんです。

 

「すべての品質にこだわる」ハウスメイクでは、この悩みを解決するための新しいシーリング材を採用いたしました。
このシーリングは30年長持ちと謳われており、通常よりも補修工事の期間を延ばし、ダイヤモンドコートと併せてお客様のご負担をさらに軽減ができるものと自負しております。

 

今回はそのシーリング材についてご紹介いたします。
※環境により耐用年数は異なります。
※ダイヤモンドコートではない、一般のウレタンやシリコンでの塗装でもこちらのシーリングをご選択いただくことは可能です。

 

 

そもそもシーリングとは?

今の戸建て住宅は、主にサイディングボードというものを繋ぎあわせて外壁をつくっています。
繋ぎあわせるということですから、当然そこには隙間などあります。
また壁と窓の間や屋根と天窓(トップライト)の間などにも隙間が生じますから、これらを埋めて防水性を高める必要があります。

 

この隙間を埋めるために使われるのがシーリング(コーキング)です。

WS000001

 

 

シーリングの経年劣化に伴うトラブル

シーリングは、施工完了後はゴムのような状態で弾力性があります。
しかし年月が経ち、風雨にさらされると、徐々に硬化してきます。

 

そうしますとヒビが入ったり、割れたりしますので、そこから雨水が侵入し、家が傷む原因となります。
また、正しい施工をしないとそもそもゴム状にならなかったり、すぐに剥がれてしまったりします。

 

そのため、施工業者が正しい工事の知識を有することが大切です。

WS000003

 

ハウスメイクの長持ちシーリング「オートン イクシード」

ハウスメイクが取り入れた長持ちシーリング「オートン イクシード」は高耐久・高耐候を実現したハイクオリティーなシーリング材です。また、汚染性もないため、美観も損なわれにくい材料となります。

 

30年以上相当の耐久性

耐久テストを実施したところ、一般的なシーリング材では10~20年未満相当の状態で状態が悪くなったのですが、このシーリング材では30年以上相当になってもその状態が保たれていました。
振動などにおける材料疲労への耐久性の高さが証明されています。

WS000004

 

また、ひび割れへの耐久性も高く、一般的な材料では10~15年でひび割れ(クライック)が生じましたが、オートン イクシードは30年相当のデータでもひび割れが発生していません。

WS000005

 

長持ちの外壁塗装ならハウスメイクへ

外壁塗装は決して安いものではありません。また、短期に塗装し直しを繰り返すと家計へのダメージも大きくなります。

 

そのため外壁塗装は、長期にわたって美観と耐候性を維持できるものを選ぶのが鉄則です。
それにより、メンテナンス費用をトータルで抑えることができる他、施主様のご負担も大きく減らせるものと考えます。

 

ハウスメイクは上記のシーリング材を採用し、お客様の外壁を長く維持できる施工を行います。

img03

 

またシーリングの他、プレミアム外壁塗装システム「ダイヤモンドコート」は、10年以上の美観、耐候性を維持できる他、クリヤー塗装を行えば、次の塗り替え時はクリヤーのみを塗り替えるだけで済むという大きなメリットもあります。
また、万が一施工不備があったとしても最長7年間「塗膜保証付保険」が使えます。
これは塗装箇所すべてを大手損害保険会社が補償してくれるという、業界初で特許申請済のものです。

ダイヤ保証書

 

千葉にお住まいの方で、長持ち、安心な外壁塗装をお求めの方は、まずお気軽にご相談くださいませ。

 

 

※画像提供:オート化学工業株式会社

ハウスメイク外壁塗装基礎知識 一覧に戻る

ページ上部へ戻る