スタッフ紹介

社長:鈴木直哉より、外壁塗装をお考えの皆様へご挨拶

鈴木直哉

鈴木直哉

塗装業界に携わって30年。元大手塗料メーカー特約店勤務であり、施工に関しては大手ゼネコンの塗装工事管理経験を持つ。「こうしたらもっとよくなるのに……」と感じても予算や立場的に指示通りの施工しかできない現実に次第に不満を持ち、また「もっとお客様の希望に応えたい」と強く思うようになる。この想いを実現するために退職し、ハウスメイクを立ち上げ。日本ペイント・ダイヤモンドコート認定施工店において全国No.1(※2015年ダイヤモンドコート店会調べ)になった他、会長を務める。ハウスメイク独自の塗料も開発を行い、地域への貢献を広げている。

皆様にとって、「家」とはなんでしょうか?

皆様にとって、「家」とはなんでしょうか?

私たちは大切な財産であるとともに、豊かな生活をおくるために不可欠なもの、と考えております。 そのため、私たちは塗装、マナー、価格といった全ての「質」を追い求めて、とことんこだわってきました。

その甲斐もあり、ハウスメイクは上場一部の日本ペイントから認められた20社しか扱えない「ダイヤモンドコート」というプレミアム塗装システムの正規施工店に選ばれ、さらにその厳選された塗装会社の中での施工品質コンテストで4年連続金賞を受賞いたしました。
今では日本全国の塗装屋に「目標とされる」会社となっておりますが、そこに甘んじることなく、これまで以上に美観・長持ち、そして満足を超えた感動をご提供してまいりたいと考えております。 確実で安心、納得の塗装をお求めの方にとって、当社はこの上なく最適ではないでしょうか。お気軽にご相談くださいませ。

有資格者による適切な診断・アドバイスだから安心いただけます。

  • 資格

千葉の外壁塗装は私たちにお任せください

富岡 実

富岡 実

建築業界に従事して40年。
建築士としての立場から家に最適な工法や材料をご提案し続けてきました。
「快適な住まい」に熟知したベテランとして安心いただき、多くのお客様に喜ばれています。

三根 健太郎

三根 健太郎

元・整体サロンのオーナー。お客様に気を遣い、丁寧なヒアリングと説明で多くのお客様より安心できたの声をいただいています。
「このお客様にとって本当に必要な施工は何か」を常に念頭において接客しつつ、社内の組織づくりなど、総合的な立場で外壁塗装と向き合っています。

川名 謙護

川名 謙護

4年間、足場職人として外壁塗装の現場に携わってきた現場育ち。塗装の知識の他、現場の知識も豊富なため、無駄なく不足もない適切な工事のご提案ができます。

布施 椋太

軍司 朝子

主に事務を担当しておりますため、直接お客様とお会いする機会は少ないかもしれませんが、ハウスメイクの縁の下の力持ちとして、お客様にご満足いただけるよう裏方にてサポートさせていただきます。

工事を担当する現場スタッフ

当社の職人は、「一級塗装技能士」「職長」「足場作業主任者」「安全衛生責任者教育」など安全で確かな工事を行うための資格を有しています。

鈴木 博文(職長)

鈴木 博文(職長)

<塗装の世界は毎日勉強>
塗料は次々に開発され、工法も年々変わっていく為、常に勉強が必要です。
塗る場所や環境によって塗料・塗り方も様々なので、多くの現場を経験し、お客様のあらゆるオーダーに満足頂ける対応ができるよう頑張っていきます。

秋田(職長)

秋田(職長)

<最高の塗装工事を提供いたします>
今うちの会社には玄人から若手までとても良い職人が揃っています。
技術だけではなく、塗料・工法・人材・サービス、全てにおいて、多くのお客様よりご好評をいただいています。
これからも、最高の塗装工事を提供できるように職人一同精進していきます。

大曽根(職長)

大曽根(職長)

<職人の仕事は日々勉強>
長年この仕事をしていますが、どうしたら作業がスムーズに行えるか、どうしたらよりお客様のご希望にお応えできるか、常に勉強だと思っています。
工事を終えた最後には、私たちに任せて良かったと言っていただけるよう、精一杯のサービスと技術で頑張らせていただきます!

宮川(職長)

宮川(職長)

<なんでもご相談ください!>
私は職長という立場なので、どんなときでも若い職人のお手本になれるよう努めています。
今までいろいろな経験を積んできた分、自信を持ってお客様に対応することができます。
分からないことや気になること、どんなことでもご相談ください!

宍倉(職長)

宍倉(職長)

<迅速かつ丁寧な工事を>
私は一つの現場の清掃から工事完了に至るまで、すべての工程を任されている立場です。
その責任を常に意識しながら、迅速かつ丁寧な工事を心掛けています。
お客様のお宅をぜひ私たちにお任せください!

見世(職長)

見世(職長)

<モットーは妥協しないこと>
職長として若手の職人を育てるのも大切な仕事のうちです。
まだ経験の少ない職人には、塗装の技術以前に、社会人としてのマナーや仕事に対する姿勢を徹底的に指導しています。
その一方、常に職人としての初心を忘れず、納得のいく仕事ができるまで妥協しないことをモットーに日々仕事に励んでいます。

君塚(職長)

君塚(職長)

<最高の塗装工事を提供いたします>
長年この仕事をしているので、どんな作業でも完璧に仕上げる自信はありますが、いまだに難しいと思うのは、色の配合です。
白を基準に黄、赤、黒を混ぜていくのですが、少しでも入れ過ぎてしまうと調整不能となってしまうこともあります。
また、塗装後、乾くと色は濃くなりますので、そのことも計算に入れなくてはいけないのです。

金野(職長)

金野(職長)

職人歴25年。お客様に長く安心して住んでいただけるおすまいを提供していきたい、そういう気持ちで仕事に接することが良い塗装に繋がると考えています。
細かい塗装以外の部分も見つけ、サービスとしてご提供できる範囲は見えないところでも補修してから塗装をいたします。
また、職長として若手の職人を育成しながら、日々模範となる行動をとっていきます。

斉藤(職長)

斉藤(職長)

職人としては20年程度となります。真面目だけが取り柄です。接客には常に気を付けて、職人気質の言葉だけでなく、お客様に分かりやすく、丁寧にご説明差し上げながら塗装作業を進めていきます。
分からないことがございましたら、なんなりとお申しつけください。

山本

山本

<元気と笑顔でご対応させていただきます!>
私の取り柄は笑顔です。
どんな時でも元気よく、笑顔で対応することを心掛けています。
また、お客様に気持ちのいい思いをしていただけるよう、身なりをいつも清潔にするよう気をつけています。

小出

小出

<塗装工事は、下地処理が大切です!>
塗装は、下地づくりと下塗りが一番大切です。
より長く綺麗な状態を保てるよう、徹底的に下地を整えることが大切だと思っています。
お客様に、この人に塗装してもらって良かったと言ってもらえるように丁寧で親切な仕事をしていきたいです。

石橋

石橋

<お客様の満足された笑顔が一番です>
お宅の塗替え中に、以前施工させていただいたお客様が通りがかり声を掛けてくださることがありました。
私の名前を覚えていてくださったことに感激し、もっともっと頑張ろうという気持ちになれました。
これからもたくさんのお客様の笑顔が見られるよう、いい仕事をしていきたいです。

青木

青木

<お客様に喜んで頂ける仕事を>
一生懸命取り組むことは必ず報われると信じて、日々の作業を大事にしています。
難しい仕事を終えたときの達成感と、お客様からの喜びの声をいただけた時は、この仕事をしていて良かったと感じる瞬間です。

杉山

杉山

<元気なあいさつで対応します>
私の基本は、挨拶は明るく大きな声で礼儀正しくです。
工事のときはお客様だけでなく、近隣の皆様に迷惑がかからぬように、ゴミや塗料の飛散・騒音に気をつけています。
一人前の塗装職人になれるよう、これからも腕を磨いていきたいです。

渡辺

渡辺

<細かな部分までしっかり塗装!>
私は手先の器用さ、細かな部分もしっかり施工することがポリシーで、おかげ様で多くのお客様からご愛顧いただいております。
「他の職人が面倒くさがることをやる(やるからこそより仕上がりや機能が長持ちする)」という気持ちで日々現場に携わっています。礼儀やマナーも大切に、これからも良い仕事をします!

山内

山内

<丁寧なのは当たり前!>
良い仕事をすることは、まず当たり前のことだと思います。お客様の誰もが変な工事を求めているわけではないからです。若いと良く言われますが、しっかりとした仕事ができるという点を認められたからこそ、優秀賞金賞を二年連続で受賞したハウスメイクで仕事ができているものと自負しています。

小山

小山

<真面目さだけは負けません!>
「他の会社の職人さんが面倒だと思うことはお客様にとっていいこと」という言葉があります。自分でつくりました。お客様目線にたって、良い作業だったら現場の状況に合わせて柔軟に対応したいと思います。一軒一軒、大事に!頑張ります!

杉本

杉本

<15年以上の職歴を生かして>
塗装職人になり、すでに15年以上の年月が経ち、多くの家を綺麗にしてきました。そのため、塗っている時に分かった痛んでいる部分などを自主的に直したりしています。プライベートでは趣味でボランティアとしてカラテを教えていたりと、日々充実しながら仕事をしております。

岡

<真面目に取り組みます!>
父親が屋根の板金屋で、その背を見て育ちましたので、家の外観に関する知識は多いと自負しています。屋根でも塗装でもなんでもお任せください。今は一児の父となり、早く帰ってお風呂に入れてあげるのが最近の楽しみです!

栗栖

栗栖

10年のキャリアの中で感じることは、女性としての気配りがお客様に大変喜ばれているということ。
もちろん他の職人が気配りができないというわけではありませんが、やはり家に長くいる奥様が気になる点について気持ちが分かるつもりです。
ダイヤモンドコートの研修でも好成績を収められたのは、やはりそのような気配り、気づきがあったからだと思います。

北田

北田

斉藤職長よりも長い職人歴で、いつの間にか、この業界ではベテランと呼ばれるくらいの長さになりました。
根っからの職人気質のため、説明下手かもしれませんが、仕事に対する情熱、プロの仕事をするという意気込みについては他の職人には負けません。しっかりとした施工を行いますのでお任せください!

足場も自社保有!足場設置工事を担当する現場スタッフ

伊藤(職長)

伊藤(職長)

<安全安心な現場管理をいたします>
工事の完成と同時に解体される足場は後には残らないものですが、建築現場の職人の安全を守るのに必要不可欠なものです。
現場管理を徹底し、工事作業員やお客様にストレスを与えない足場作りに努めています。

武藤(職長)

武藤(職長)

足場職人歴20年になります。塗装職人さんが安心・安全に作業できるように、足場を組んでいきます。
家や庭などお客様の大切な財産を足場などで傷つけないよう、常に気を付けて現場に入っております。

山崎(職長)

山崎(職長)

塗装職人が伺う前に現場に入るのが足場職人です。
一番最初にお客様とお会いさせていただく職人のため、言葉遣いや身なりなど気を付けています。
ご近所様に対しましても、騒音が出ないように、作業中の他、作業車の音などにも注意していきます。

車田

車田

<ひとつひとつの仕事を丁寧大切に>
足場が美しい現場は、職人の方に気持ちよく作業をしてもらえるものだと思っています。
ひとつひとつの仕事を丁寧に、そして大切にして行きたいと思っていますので、宜しくお願い申し上げます。

ページ上部へ戻る