屋根外壁塗装事例

千葉市の屋根外壁塗装事例

お客様のご要望・コメント

お客様アンケート

①初めてお伺いした時の担当者の印象はいかがでしたか
→まじめそうな印象。

②リフォームをお決めになる時、ご家族でどのような事を話し合われましたか
→色の相談

③当社をお決めになった決め手は何ですか
→信頼出来そうだから。

④工事中の職人の印象及びマナーはいかがでしたか
→一生懸命であいさつをしっかりしていた。

⑤工事中にあったエピソードなどございましたら、お聞かせください
→一日で色が変わっていてびっくりした。

⑥工事後のご感想をお聞かせください
→仕上がりがとてもよくできていた。

【鈴木 直哉】現場調査結果・提案・コメント

千葉市稲毛区にて屋根外壁塗装工事をしました。
ホームページを見て頂いてのご縁でした。
数社お見積もりを取られている中、ご主人様が建築関係の仕事をされているという事もあり外壁塗装にも詳しい方でしたので、色々と調べられ日本ペイントプレミアム塗装「ダイヤモンドコートシステム」を気に入られご契約させて頂きました。
色選びに関しては、奥様のご意見で「明るい色を選びたい」という事で爽やかなレッド系の配色を選ばれました。
パナフォーム住宅の大きな洋風タイプの建物で外壁のチョーキング現象が著しく目立っていたので、ハウスメイクでは耐候性のあるダイヤモンドコート塗料をご提案させて頂き、ご夫妻様とも気に入って頂きました。
屋根外壁塗装工事中に、ご主人様自身で雨樋などを直したいという事もあり、足場を借りたいとの要望もありましたので、現場の職人と日程を調整し足場の提供を行いました。
屋根外壁塗装工事中は、天候にも恵まれ予定通りの塗装工事日程で完工する事が出来ました。
最後に足場を解体する前に、ご主人様と一緒に足場に登りながら塗装工事のミスがないか確認をしました。
その後、足場を解体し全体の仕上がりを見て頂きました。
仕上がりを見て、奥様より「屋根外壁塗装工事中は、ご近所の友達も今後の参考に見に来ていたのですが、この仕上がりでしたら是非友達にも紹介したい」と有り難いお言葉を頂きました。
ありがとうございます。
最後に綺麗に仕上がったご自宅の前で、ご主人様、奥様、ハウスメイク代表の鈴木と一緒に記念撮影させて頂きました。
ダイヤモンドコート屋根外壁塗装後のアフター点検もしっかりさせて頂きます。
来年の点検で会える事を楽しみにしています。

担当:鈴木 直哉

鈴木 直哉

千葉県 千葉市をご紹介いたします。

施工写真のご紹介

写真をクリックすると拡大表示します。

最新の施工事例紹介へ戻る

施工中の様子

写真をクリックすると拡大表示します。

  • 【屋根下地調整ケレン作業】
    塗装工事をする前に下地の状態を良くするため、下地調整を行い塗料の密着を良くさせます。
    ワイヤーブラシや砥石の入ったマジックロンを使い、高圧洗浄では落としきれない汚れや苔、カビをしっかりと除去していきます。
    これから塗装するにあたって1番重要な作業です。
  • 【破風板旧塗膜ケレン作業】
    材質が木製の破風板の上に、前回の塗料がオイルペンキを塗られており長年の経年劣化と共に塗膜が剥がれてきていたのでサンドペーパーを使い、綺麗に旧塗膜を剥がしていきます。
  • 【コロニアル屋根鉄部錆止め作業】
    コロニアル屋根は、角が鉄製で出来ています。
    錆の発生を防ぐためしっかりと錆止め塗料を塗装していきます。
    この作業を行わずに、上塗り塗料だけを塗装すると後々の耐久性に違いが出るので、ハウスメイクでは塗料メーカーの規定通り、しっかり行います。
  • 【窯業系サイディング目地旧コーキング撤去】
    長年の雨・風・紫外線、地震の影響を受けて、全体的にひび割れて防水機能が失われていたので綺麗に撤去しました。
  • 【窯業系サイディングコーキングプライマー塗布】
    既存のサイディング外壁目地部分とコーキング剤の密着を良くするために、コーキングプライマーを塗布しました。
  • 【窯業系サイディング目地新規コーキング打ち】
    新しいサイディングコーキング材を隙間なく、幅いっぱいに充填していきます。
    ここでのポイントは、サイディングコーキング材が乾ききる前に適度な力でサイディングコーキング材をしごいていく事が大事です。
    そうする事により、隙間に空気が入らないので後にサイディングコーキング材の膨れや剥がれを防ぐ事が出来ます。

屋根塗装の様子

写真をクリックすると拡大表示します。

  • 【コロニアル屋根遮熱塗料下塗り1回目】
    日本ペイントの遮熱塗料下塗り材サーモアイシーラー1回目の塗装。
    遮熱塗料になるので、色が付いている白い特殊な塗料を塗ります。
    初めての塗り替え塗装のため、塗料の吸い込みが良く均等に塗装してもムラ感が出てしまいますので、ハウスメイクでは下塗りを多めに塗る2回塗りをしています。
  • 【コロニアル屋根遮熱塗料下塗り2回目】
    通常の屋根塗装は、下塗りが1回のところが多いのですが、ハウスメイクでは下地の状況を見て判断し、今回は下塗りを2回行いました。
    施工写真より、1回目と2回目では塗装の仕上がりが全然違うのが分かります。
  • 【コロニアル屋根遮熱塗装中塗り】
    日本ペイント遮熱塗料サーモアイの中塗り1回目。
    塗るだけで屋根の表面温度が涼しくなる上塗り材になります。
  • 【コロニアル屋根遮熱塗装上塗り】
    日本ペイント遮熱塗料サーモアイの上塗り塗装です。
    しっかりと綺麗に下塗り2回、上塗り2回の合計4回の塗装をしたので、このような艶のある屋根に蘇りました。
    ただ綺麗で長持ちするだけでなく、真夏の暑い時に15度〜20度も太陽光の熱を反射してくれるので、家の中が涼しくなると好評です。
    夏場が楽しみですね。

壁塗装の様子

写真をクリックすると拡大表示します。

  • 【窯業系サイディング外壁塗装下塗り】
    既存の壁と上塗り材を密着させるノリの役割があります。
    透明な下塗り塗料を塗っている事により、少し湿ったような濡れた感じが出ます。
  • 【窯業系サイディング外壁塗装中塗り1回目】
    日本ペイントプレミアム塗装ダイヤモンドコートの中塗り材を塗装しました。
    今回、お客様の明るくしたいという要望もあり、温かなクリーム系の配色を選ばれました。
    既存の外壁色と比べると色の変化が1番分かるところですね。
  • 【窯業系サイディング外壁塗装上塗り】
    日本ペイントプレミアム塗装ダイヤモンドコートの上塗り材を塗装しました。
    施工写真を見て分かる通り、色塗りの1回目と2回目の塗装では仕上がり感の違いが分かりますね。
    綺麗なクリーム系の外壁に仕上がっています。
  • 【窯業系サイディング外壁塗装ダイヤモンドコートクリヤー塗布】
    日本ペイントプレミアム塗装ダイヤモンドコートクリヤーを塗布しました。
    通常のサイディング外壁塗装は3回塗りが基本ですが、ダイヤモンドコート塗装は1工程多めの4回塗りとなります。
    最後にダイヤモンドコートクリヤーを塗布する事により、塗膜を保護してくれるので通常の塗装よりも長持ちします。
    嬉しいですね。

壁・屋根以外の塗装の様子

写真をクリックすると拡大表示します。

  • 【附帯部の木部破風板塗装】
    旧塗膜をサンドペーパーでしっかりと剥がした後、木部専用塗料を2回塗装していきます。
    今回は、初めての木部塗装工事でしたので下塗りの吸い込みムラが激しかったため、木部用の下塗り材で下地調整を行いました。
  • 【附帯部軒天塗装】
    軒天は、苔やカビが付きやすい箇所のなるのでサンドペーパーで下地を整えた後、日本ペイントの防カビ材の多く入っているケンエースGⅡ塗料を2回塗装しました。
  • 【附帯部の雨樋塗装】
    雨樋の材質は、塩ビ系になるので太陽光の熱によって収縮するため、剥がれやすくなっています。
    ハウスメイクでは、密着性を良くするため何種類かのサンドペーパーを使い目荒らしをしっかりと行い、その後、耐久性の強い溶剤系の塗料を2回塗装しました。
  • 【附帯部鉄部塗装】
    鉄部は、サンドペーパーにて下地調整を行った後、下塗り材として錆止め塗料を1回塗装し、その後、溶剤系塗料を2回塗装しました。
    光沢も出て綺麗に仕上がりました。

お客様について

地域 千葉県 千葉市 工期 約2週間
施工内容 屋根外壁塗装
仕様塗料 ダイヤモンドコート・サーモアイSi
施工金額目安 100万〜150万
千葉の外壁塗装事例一覧へ戻る

ページ上部へ戻る