屋根外壁塗装事例

市川市の屋根外壁塗装事例

【三根 健太郎】現場調査結果・提案・コメント

千葉県市川市にて、日本ペイントプレミアム塗装「ダイヤモンドコートシステム」屋根外壁塗装工事をしました。
インターネットを見てお問い合わせ頂いたのがご縁でした。
数社見積もりを取られた中で、ダイヤモンドコートシステムの良さを気に入って頂きご契約となりました。
色選びについては、今の色合いとあまり変えたくないとご要望もあり、色見本帳を見ながらご主人様、奥様と一緒に楽しみながら色決めを行いました。
屋根外壁塗装工事中は、共働きという事もあり家を空けることが多かったので毎日の作業行程・内容をお電話にてお伝えし、安心して任せて頂けるようにしました。
一部、ベランダ床防水塗料の乾燥が遅かったため、足場解体後も乾燥しているか確認のため何日か職人が通い、慌てる事なくしっかりと乾燥時間を置いてから次の塗装工程に移りました。
コロニアル屋根塗装をする前に、屋根胸板金の釘が地震などの影響で浮いていたのでハンマーで釘打ちをし、その後隙間を埋めるために釘頭にコーキング処理をしました。
そうする事で、隙間から雨水が浸水する事を防ぐ事ができます。
家を守る屋根のことですので安心ですね。
その後、初めての屋根塗装でしたのでハウスメイクでは日本ペイントの遮熱塗料サーモアイSiを通常の3回塗りより、1回多い4回塗装にて仕上げました。
サーモアイSiは太陽光を反射するので屋根の表面温度を下げ、部屋の中の温度を下げることができます。
真夏が楽しみですね。
屋根外壁塗装工事後の仕上がりを見て、奥様からは「以前よりも艶感出て明るくなり、外壁も綺麗になったことで外に洗濯物を干す際、洗濯物に外壁の汚れが付かなくなった事が嬉しいです」と喜んで頂きました。
最後に綺麗になった御宅の前で奥様とハウスメイク代表の鈴木と笑顔で記念撮影させて頂きました。
1年後の定期点検でお会い出来るのを楽しみにしています。
ありがとうございました。

担当:三根 健太郎

三根 健太郎

千葉県 市川市をご紹介いたします。

施工写真のご紹介

写真をクリックすると拡大表示します。

施工中の様子

写真をクリックすると拡大表示します。

  • 【コロニアル屋根胸板金の釘打ち】
    コロニアル屋根の1番上にある鉄板を「胸板金」といいます。
    新築時は綺麗に釘が打たれていますが地震などの影響により釘が浮いてくる事がありますので、ハウスメイクでは屋根塗装工事をする前にしっかりと、「釘打ち」をしてから塗装の作業に入ります。
  • 【コロニアル屋根胸板金の釘頭コーキング打ち】
    ハウスメイクでは、綺麗に胸板金の釘打ちをした後に釘頭にコーキングを打ちます。
    ただ釘を打つだけでは、長年の建物の動きにより釘を打ち込むだけでは隙間が出来てしまい、雨水が入る恐れがあるので、釘頭にコーキングをすることでしっかりと隙間を埋め防水する事が出来ます。

お客様について

地域 千葉県 市川市 工期 約2週間
施工内容 屋根外壁塗装
使用塗料 ダイヤモンドコート・サーモアイSi
施工金額目安 100万〜150万円

ページ上部へ戻る

Menu