屋根外壁塗装事例

佐倉市の屋根外壁塗装事例

【三根 健太郎】現場調査結果・提案・コメント

佐倉市にて屋根外壁塗装改修工事をしました。
お客様からホームページを見てお問い合わせ頂いたのがご縁でした。
初めての塗り替えということもあり、慎重に業者選びをしている中、実績のある当社を選んで頂きました。
外壁がサイディングボードの外壁材ということもあり、
つなぎ目の目地のコーキング材の傷みやサイディング外壁の色あせやヘアークラックを気にされていました。
また、ベランダ床下の腐り箇所も気にされていましたので、事前に補修工事も行いました。
当社としては、長持ちし価格的にもコストパフォーマンスの高い「日本ペイントプレミアム外壁塗装ダイヤモンドコートシステム」を提案しました。
まだお若いご家族でしたので、2回目の塗り替えも検討し、持ちのよいダイヤモンドコートシステムが良いとのことで気に入って頂きました。
色選びに関しては、ハウスメイク店舗にご家族でご来店頂きカラーシミュレーションをモニターで行い納得のいく配色を選ばれました。
当店のアイドルアイアンマンと一緒に記念撮影をし、お子様達も喜んでくれました。
塗装工事中は天候にも恵まれ、スムーズに工事を終えることが出来ました。
スタイリッシュなツートンカラーのご自宅の仕上がりを見て、奥様から「イメージが変わって明るくなった、まるで新築みたい」と大変喜んで頂きました。
喜んで頂けて、私も職人もとっても嬉しいです。
今後のアフター点検にもしっかりと伺いますので、次回お会い出来るのを楽しみにしています。
ありがとうございました。

担当:三根 健太郎

三根 健太郎

千葉県 佐倉市をご紹介いたします。

施工写真のご紹介

写真をクリックすると拡大表示します。

施工中の様子

写真をクリックすると拡大表示します。

  • 【サイディングコーキング打ち替え】
    既存の古いコーキングを綺麗に撤去します。
    少しでも前のコーキング材が残っていると密着性が悪くなるので念入りに剥がしていきます。

  • 【サイディングコーキングプライマー塗布】
    新しいコーキング材を塗布する前にコーキングの密着性を良くするために
    サイディングコーキングプライマーをたっぷりとムラのないように均一に塗布していきます。

    ※サイディングコーキングプライマーとは、簡単にいうとノリの役割があります。
  • 【サイディングコーキングの新規充填】
    新しいサイディングコーキング材を隙間なく、幅いっぱいに充填していきます。

    ここでのポイントは、サイディングコーキング材が乾ききる前に適度な力でサイディングコーキング材をしごいていく事が大事です。
    そうする事により、隙間に空気が入らないので後にサイディングコーキング材が
    膨れや剥がれを防ぐ事が出来ます。
  • 【FRPベランダ床防水トップコート塗装】
    既存のFRP防水の状態が良かったため、化粧直しのFRP防水トップコート塗装をしました。

    1、下地をしっかりと高圧洗浄をし汚れを落とす。
    2、コーキング材にてクラック補修する。
    3、下塗りとしてベランダFRP防水プライマーを塗布する。
    4、中塗りとしてベランダFRP防水トップコートを1回目塗装する。
    5、上塗りとしてベランダFRP防水トップコートを2回目塗装する。
    以上の、作業工程をしっかりとさせて頂きました。
  • 【ベランダ床軒天大工工事】
    ベランダ床軒天の一部が腐っていたので塗装工事の作業をする前に、大工さんに来てもらい下地を綺麗に直してから作業をしました。
    補修工事のみで直す事が出来て良かったです。

屋根塗装の様子

写真をクリックすると拡大表示します。

  • 【コロニアル屋根遮熱塗装下塗り1回目】
    日本ペイントの遮熱塗料下塗り材サーモアイシーラー1回目の塗装。
    遮熱塗料になるので、色が付いている白い特殊な塗料を塗ります。
    初めての塗り替え塗装のため、塗料の吸い込みが良く均等に塗装してもムラ感が出ていますのでハウスメイクでは下塗りを多めに塗る2回塗りをしています。
  • 【コロニアル屋根遮熱塗装下塗り2回目】
    通常の屋根塗装は下塗りが1回のところが多いのですが、
    ハウスメイクでは下地の状況を見て判断し、今回は下塗りを2回行いました。
    施工写真を見て分かる通り、1回目と2回目では塗装の仕上がりが全然違いますね。
  • 【コロニアル屋根遮熱塗装中塗り】
    日本ペイント遮熱塗料サーモアイの中塗り1回目。
    塗るだけで屋根の表面温度が涼しくなる上塗り材になります。
  • 【コロニアル屋根遮熱塗装上塗り】
    日本ペイント遮熱塗料サーモアイの上塗り塗装です。
    しっかりと綺麗に下塗り2回、上塗り2回の合計4回の塗装をしたので
    このような深みのある艶の屋根に蘇りました。
    ただ綺麗で長持ちするのではなく真夏の暑いときには15度〜20度も太陽光の熱を反射してくれるので、家の中が涼しくなると好評です。
    夏場が楽しみですね。

壁塗装の様子

写真をクリックすると拡大表示します。

  • 【サイディング外壁塗装下塗り】
    既存の壁と上塗り材を密着させるノリの役目があります。
    透明な下塗り塗料を塗っている事により、少し湿ったような濡れた感じが出ます。
  • 【サイディング外壁塗装中塗り1回目】
    日本ペイントプレミアム塗装ダイヤモンドコートの中塗り材を塗装しました。
    今回お客様のイメージを変えたいとの要望もあり、ホワイト系の配色を選ばれましたので既存の外壁色と比べると色の変化が1番分かるところですね。
  • 【サイディング外壁塗装上塗り】
    日本ペイントプレミアム塗装ダイヤモンドコートの上塗り材を塗装しました。
    施工写真を見て分かる通り、色塗りの1回目と2回目の塗装では仕上がり感の違いが分かりますね。
    綺麗なホワイト系の外壁に仕上がっています。
  • 【サイディング外壁塗装ダイヤモンドコートクリヤー塗布】
    日本ペイントプレミアム塗装ダイヤモンドコートクリヤーを塗布しました。
    通常のサイディング外壁塗装は3回塗りが基本ですが、ダイヤモンドコート塗装は1工程多く4回塗りとなります。
    最後にダイヤモンドコートクリヤーを塗布する事により、塗膜を保護してくれるので通常の塗装工程よりも長持ちします。
    嬉しいですね。

お客様について

地域 千葉県 佐倉市 工期 2週間
施工内容 屋根外壁塗装
仕様塗料 ダイヤモンドコート・サーモアイSi
施工金額目安 100万〜150万円

ページ上部へ戻る

Menu