屋根外壁塗装事例

千葉市の屋根外壁塗装事例

担当:三根 健太郎

三根 健太郎

千葉県 千葉市をご紹介いたします。

施工写真のご紹介

写真をクリックすると拡大表示します。

最新の施工事例紹介へ戻る

施工中の様子

写真をクリックすると拡大表示します。

  • 【窯業系サイディングコーキング撤去】
    既存の古いコーキングを綺麗に撤去していきます。
    少しでも前回のコーキング材が残っていると密着性が悪くなるため、念入りに剝がしていきます。
  • 【窯業系サイディングコーキングプライマー塗布】
    新しいコーキング材を塗布する前にコーキングの密着性を良くするため、サイディングプライマーをたっぷりとムラのないように均一に塗布していきます。
    ※サイディングコーキングプライマーとは、簡単にいうとノリの役割があります。
  • 【窯業系サイディングコーキングの新規充填】
    新しいサイディングコーキング材を隙間なく、幅いっぱいに充填していきます。
    ここでのポイントは、サイディングコーキング材が乾ききる前に適度な力でサイディングコーキング材をしごいていくことが大事になります。
    そうする事によって、隙間に空気が入らないので後にサイディングコーキング材が膨れたり、剥がれたりするのを防ぐことが出来ます。
  • 【ブリードオフプライマー塗布】
    窯業系サイディングの目地部分に新規コーキングを充填した後、すぐに塗装の工程に入るとコーキング材の中に入っている可塑剤(ブリード)が出てきてしまい汚染されてしまうことがあるので、ハウスメイクではブリードオフクライマーを塗布し、汚れにくくしてから塗装の工程に入ります。
    この作業を行うことにより、その後の耐久性が変わってきます。
  • 【コロニアル屋根棟板金釘打ち】
    地震などの影響で建物が動いた際に、屋根棟板金を止めている釘が浮いてくることがあります。
    浮いている釘をもう一度綺麗に打ち直してから塗装工事を行います。
  • 【コロニアル屋根棟板金釘頭コーキング】
    ハウスメイクでは、綺麗に屋根棟板金を釘打ちをした後に釘頭にコーキングを充填します。
    ただ釘を打つだけでは隙間が出来てしまい、雨水が入ることがあるので、釘頭にコーキングをすることでしっかりと隙間を埋め、防水することが出来ます。
  • 【コロニアル屋根棟板金錆止め】
    コロニアル屋根棟板金の材質は金属系で出来ているため、錆びてくることがあるので屋根塗装に入る前に下塗りとして、錆止め塗料をしっかりと塗装します。

屋根塗装の様子

写真をクリックすると拡大表示します。

  • 【コロニアル屋根遮熱塗装下塗り1回目】
    日本ペイントの遮熱塗料下塗り材サーモアイシーラーの塗装。
    特殊な白い遮熱塗料となります。
    数ある遮熱塗料の中で、日本ペイントのサーモアイシーラーだけが下塗りの段階から遮熱効果があります。
  • 【コロニアル屋根遮熱塗装下塗り2回目】
    初めての塗り替え塗装のため、写真を見て分かる通り、1回目の下塗りでは、塗料の吸い込みが良く均等に塗装してもムラ感が出ています。
    そのため、ハウスメイクでは下塗り材を多めに塗装する2回塗りを行います。
    2回下塗り材を塗装することでムラがなくなっています。
  • 【コロニアル屋根遮熱塗装中塗り】
    日本ペイント遮熱塗料サーモアイの中塗り塗装。
    塗るだけで屋根の表面温度が涼しくなる上塗り材になります。
  • 【コロニアル屋根遮熱塗装上塗り】
    日本ペイント遮熱塗料サーモアイの上塗り塗装。
    しっかりと綺麗に下塗り2回、中塗り1回、上塗り1回の合計4回の塗装をしました。
    艶のある綺麗な屋根に蘇りました。
    綺麗で長持ちするだけでなく、日本ペイント遮熱塗料は太陽光をしっかりと反射しますので、真夏の暑い時に効果を発揮します。
    屋根の表面温度が15度~20度ほど下がるといわれているので、夏場の家の中が涼しくなったと好評です。

壁塗装の様子

写真をクリックすると拡大表示します。

  • 【窯業系サイディング外壁塗装下塗り】
    既存の壁と上塗り材を密着させるノリの役目があります。
    透明な下塗り塗料になりますので、少し湿ったような濡れた感じが出ます。
  • 【窯業系サイディング外壁塗装中塗り1回目】
    日本ペイントプレミアム塗装ダイヤモンドコートの中塗り材を塗装しました。
    色を付ける所の1回目の塗装工程となります。
    お客様は、既存の外壁と配色をあまり変えたくないとのことでしたので、同じホワイト系を塗装しました。
  • 【窯業系サイディング外壁塗装中塗り2回目】
    中塗り材を2回塗ることで、外壁塗装の仕上がり感が良くなり、理想の塗膜が形成されます。
  • 【窯業系サイディング外壁塗装ダイヤモンドコートクリヤー】
    日本ペイントプレミアム塗装ダイヤモンドコートクリヤーを塗装しました。
    通常のサイディング外壁塗装は、3回塗りが基本ですが、ダイヤモンドコート塗装は1工程多く4回塗りとなります。
    最後にダイヤモンドコートクリヤーを塗布することにより、塗膜を保護してくれるので通常の塗装工事よりも長持ちします。

お客様について

地域 千葉県 千葉市 工期 約2週間
施工内容 屋根外壁塗装
仕様塗料 ダイヤモンドコート・サーモアイSi
施工金額目安 140~150万円
千葉の外壁塗装事例一覧へ戻る

ページ上部へ戻る