外壁塗装事例

千葉市の外壁塗装事例

【三根 健太郎】現場調査結果・提案・コメント

千葉市中央区にて外壁塗装工事施工しました。
出会いは、ホームページを見てお問い合わせ頂いたのがご縁でした。
数社お見積りを取られた中、ハウスメイク店舗にご来店され、当社お勧めの日本ペイントプレミアム塗装「ダイヤモンドコートシステム」を気に入って頂きご契約の運びとなりました。
色選びの際は、ハウスメイク店舗に多数取り揃えている色見本帳や分かりやすい塗り板見本を手に取ってご覧頂きながら納得のいく配色を選ばれました。
和風住宅の大きな建物で、外壁の種類は窯業系サイディングとパワーボードの2種類で、アクリルリシン塗装の吹き付け模様でした。
初めての外壁塗り替え塗装でしたので、1回目の下塗り塗装をした後に起きる塗料の吸い込みムラに注意しながら下地調整を行い上塗り作業に入りました。
今回、外壁塗装工事をしている中でウッドデッキの床が腐っているのを発見したので、サービスにて専門の大工職人を入れ、綺麗に修復しました。
お客様より「依頼した外壁塗装だけでなく思い入れのあるウッドデッキをサービスで直してもらってとても有り難いです」と感謝のお言葉を頂きました。
ハウスメイクでは、お客様に喜んで頂けるように出来る範囲で色々なサービスを行っています。

また、定期点検にてお会いできるのを楽しみにしています。
ありがとうございました。

担当:三根 健太郎

三根 健太郎

千葉県 千葉市をご紹介いたします。

施工写真のご紹介

写真をクリックすると拡大表示します。

施工中の様子

写真をクリックすると拡大表示します。

  • 【ベランダ内壁高圧洗浄】
    長年の藻や苔・カビが太陽光によって焼き付いてしまっているので、ハウスメイクでは通常の高圧洗浄ではなく、洗浄前に専用のバイオ洗浄液をたっぷりと塗布した後、トルネード高圧洗浄機によりしっかりと洗い流していきます。
  • 【窯業系サイディングコーキング撤去】
    既存の古いコーキングを綺麗に撤去していきます。
    少しでも前回のコーキング材が残っていると密着性が悪くなるため、念入りに剥がしていきます。
  • 【窯業系サイディングコーキングプライマー塗布】
    新しいコーキング材を塗布する前にコーキングの密着性を良くするため、サイディングコーキングプライマーをたっぷりとムラのないように均一に塗布していきます。
    ※サイディングコーキングプライマーとは、簡単にいうとノリの役割があります。
  • 【窯業系サイディングコーキングの新規充填】
    新しいサイディングコーキング材を隙間なく、幅いっぱいに充填していきます。
    ここでのポイントは、サイディングコーキング材を乾ききる前に適度な力でサイディングコーキング材をしごいていくことが大事になります。
    そうする事によって、隙間に空気が入るのを防ぎ、サイディングコーキング材が膨れたり剥がれやすくなるのを防ぐことが出来ます。
  • 【ブリードオフプライマー塗布】
    窯業系サイディングの目地部分に新規コーキングを充填した後、すぐに塗装塗装の工程に入るとコーキング材の中に入っている可塑剤(ブリード)が出てきてしまい汚染されてしまうことがあるので、ハウスメイクではブリードオフプライマーを塗布し、汚れにくくしてから塗装の工程に入ります。
    この作業行うことにより、その後の耐久性が変わってきます。
  • 【破風板目地補修】
    破風板の材質は、窯業系サイディングでしたので板と板との間にクッション代わりとなるコーキング材が打たれてありました。
    長年の雨や風の影響を受け、経年劣化が進んでいたので古いコーキング材を取り除き、新しいコーキング材を充填しました。
    その後、専用の塗料を塗装することで長年に渡り保護されます。

壁塗装の様子

写真をクリックすると拡大表示します。

  • 【パワーボード外壁塗装下塗り】
    既存の外壁と上塗り材を密着させるノリの役目があります。
    細かな凹凸やクラック(ひび割れ)を目止め材として、特殊な白い塗料を塗ることにより壁肌を新しく形成してから上塗り材を塗装します。
  • 【パワーボード外壁塗装中塗り1回目】
    日本ペイントプレミアム塗装ダイヤモンドコート中塗り材を塗装しました。
    今回は、清潔感のあるホワイト系の配色を選ばれました。
  • 【パワーボード外壁塗装中塗り2回目】
    日本ペイントプレミアム塗装ダイヤモンドコート中塗り材の2回目の塗装になります。
    中塗りの工程では、同じ塗料を2回塗りします。
    2回塗ることで色ムラなく、綺麗な壁肌に仕上がっています。
  • 【パワーボード外壁塗装外塗り】
    日本ペイントプレミアム塗装ダイヤモンドコート上塗り材のクリヤー塗装になります。
    通常の外壁塗装は3回塗装が基本ですが、ダイヤモンドコート塗装は、1工程多く4回塗りとなります。
    最後にダイヤモンドコートクリヤーを塗布することにより、塗膜を保護してくれるので通常の塗装工事よりも長持ちします。

壁・屋根以外の塗装の様子

写真をクリックすると拡大表示します。

  • 【破風板塗装】
    既存の材質が窯業系サイディングですので、ペーパーにて下地調整(ケレン)をした後に専用塗料を2回塗りしました。
    艶感も蘇り水弾きの良い綺麗な破風板に仕上がりました。
  • 【屋根水切り鉄部塗装】
    既存の水切りの材質がスチール鉄板でしたので、錆の発生を防ぐためにしっかりと専用のエポキシ錆止めを塗装した後、鉄部用の上塗り材を2回塗装し、合計3回塗りを行いました。
  • 【基礎水切り塗装】
    既存の水切りの材質がスチール鉄板でしたので、錆の発生を防ぐためにしっかりと専用のエポキシ錆止めを塗装した後、鉄部用の上塗り材を2回塗装し、合計3回塗りを行いました。
  • 【雨樋補修】
    雨樋の材質が塩化ビニール系の材質で出来ており、経年劣化により雨樋が一部破損していたため新しく交換した後、再塗装をしました。
    ピカピカの雨樋になりましたね。

お客様について

地域 千葉県 千葉市 工期 約2週間
施工内容 外壁塗装
使用塗料 ダイヤモンドコート
施工金額目安 180万~200万円

ページ上部へ戻る

Menu