美観へのこだわり

ダイヤモンドコートは10年後も美観が保たれます!

10年後も色褪せない!

ダイヤモンドコートとは、以下の3の特長で選ばれています。

  • 1.美観:専用のクリヤー使用で10年後も美観が続く
  • 2.安心:業界初・特許出願済!塗膜保証付保険で万一の時も保険会社が補償!
  • 3.技術:日本ペイント社が認めた会社でのみ施工可能

これらが「プレミアム外壁塗装システム」として、すべてサービスの中に体系化されて組み込まれていることが、他の外壁塗装と全く異なる点となります。

本ページでは、その中でも多くのお客様から選ばれる理由として挙げられている「10年後も色褪せない」についてご説明いたします。

事例:新築時の外壁10年経過後の様子

新築時の外壁10年経過後の様子

「10年後も色褪せない」とはそもそもどういうこと?

よく「シリコン塗料は8~10年、フッ素塗料は10~15年もちます」と言われています。これらはどういうことかと言いますと、塗料本来が持つ、外壁を守るための効力が切れるまでのことを指していることが多いです。
そのため、よく勘違いされるのですが上記の年数が超える前に塗り替えをされるのがベストなんです。

以下のグラフをご確認ください。 「○年持つ」というのは、レッドゾーンに到着する際の期間を指しており、すでにその前からチョーキング(外壁を触ると手がチョークのように白くなる)現象やシミなどの変色が起き始めます。これらはイエローゾーンの間から発症しているため、機能面では上記のような耐用年数が挙げられるものの、「美観」という観点ではその年数はもっと短いものとなります。
※なお、イエローゾーンなど早いタイミングで塗装をし直していただくと、必要以上の補修費用が発生せず、よりひどい状態になった時に比べて安価に外壁塗装サービスを受けられます。

「20年美観」とはそもそもどういうこと?

ダイヤモンドコートの「10年後も色褪せない」とは、他の塗料とは違い、そもそもイエローゾーンに到着するまでの期間が長いことを意味しています。(※UVカットクリヤーコーティングを使用している場合はさらに長くなります)

そのため、他の塗料ではもっと早い段階で見た目的にも機能的にも危ぶまれるところが、ダイヤモンドコートであれば、もっともっと長い期間、おうちの外壁を綺麗な状態に保つことができるのです。

30年後に違う

また、ダイヤモンドコートのすごいところは、二回目の塗り替えをUVカットクリヤーコーティングのみ、塗り替えるに抑えることも可能です。そのため塗り替え時のコストも他の塗料に比べて大幅に削減ができるのです。
(※水洗による汚染除去が困難な場合や下地自体の劣化の場合は除きます)

ダイヤモンドコート新開発専用塗料「UVカットクリヤーコーティング」

ダイヤモンドコートなら、専用塗料「UVカットクリヤーコーティング」を最終工程に採用しています。この塗料は、自動車の美観を保つための日本ペイントの技術を応用した独自の塗料で、従来よりもさらにさらに、塗装したての美しさを保つことができるようになっています。

UVカットクリヤーコーティング

美観を保つためには確かな施工が不可欠です

ダイヤモンドコートには、このように塗ったばかりの綺麗な状態を保つためのクリヤー塗装が含まれていますが、それだけでは綺麗さを保つことはできません。
UVカットクリヤーコーティングはあくまで塗料にすぎず、その塗料をしっかりと確実に工事・施工ができないと、本来の能力を発揮することはできないのです。

そのため、この「10年後も色褪せない」を保つためには「塗料の良さ×職人の技術」が必要不可欠となります。
ですのでプレミアム外壁塗装システム「ダイヤモンドコート」は日本ペイント・ダイヤモンドコート認定施工店しか施工を許されておらず、それは全国でも十数社しかおりません。
ダイヤモンドコートはとても塗り替えが難しい塗料ですので、しっかりとした知識と経験が必要となります。認定施工店はもともとの技術力の他、定期的な講習に参加が義務付けられており、常に最高の技術を提供できるよう努めております。

美観を保つためには確かな施工が不可欠です

ハウスメイクは5年連続「優秀施工」「優秀店舗」W金賞を受賞!

高い技術集団である日本ペイント・ダイヤモンドコート認定施工店の中でも、唯一5年連続で「優秀施工」「優秀店舗」のダブル金賞受賞をしているのがハウスメイクです。これは日本の数ある外壁塗装屋の中でも群を抜いてハウスメイクの技術力が高いことを表しています。
そのため、ハウスメイクであればダイヤモンドコート本来の能力をフルに発揮させることができ、お住まいをしっかりと守り続けることが可能なんです。

詳細を見る

業界初・特許出願済!
塗膜保証付保証について詳しくはこちら

ページ上部へ戻る

Menu