外壁塗装基礎知識

カバー工法ってなあに?

屋根材は常に太陽や雨風に晒されておりとても過酷な環境下で耐え抜いています。

そんな屋根材も経年劣化によりヒビや割れなどを起こし遂には

雨漏りを引き起こす原因にもなってしまいます。

このような事態を引き起こさない様行う工事こそがカバー工法となります。

 

 

~そもそもカバー工法ってなあに?~

 

屋根カバー工法とは主にコロニアル(スレート瓦・カラーベスト)に適した工事方法です。

カバー工法は主にコロニアルの上に、軽い金属屋根を重ね張りする屋根の

リフォーム方法のひとつですコロニアルとは厚さ5㎜程度の薄く平べったいスレートが

主成分の屋根仕上げ材です。コロニアルは20~30年を過ぎると屋根材としての機能が低下し、

本格的な改修工事が必要になるといわれています。

20~30年は維持するというわけではなく、環境の影響や商品自体の問題で、

10年程度で改修工事が必要になることもあります。

 

 

 

 

~カバー工法って何がいいの?~

 

結論を先に言いますと、ご予算に余裕があるお客様には「葺き替え(屋根材交換)」工事をおすすめします。

葺き替えがベストであるのは言うまでもありません。葺き替えをすることで屋根全体が軽くなり、

リフレッシュします。しかし、屋根のリフォーム費用はとても高額です。

屋根の葺き替えリフォームはカバー工法に比べて1.5倍から2倍程度、

リフォーム費用が高額になります問題は予算だけではありません。剥がす手間があるため、

工期も長くなります。もしコロニアルがアスベスト入りであった場合、

アスベスト対策をおこなう必要があります。そして比較的新しい木造住宅の場合、既存コロニアルを

留める釘が強固に打たれています。葺き替えで無理にコロニアルを剥がそうとすると、下地や垂木

(たるき)構造材を痛める結果を招きます。

こういった費用や工期の部分でカバー工法は重宝されています。

 

 

~カバー工法のタイミングはいつ?~

 

屋根の塗装タイミングはよく10年って言われております。

ただ劣化の速度は、気象環境・屋根の形状、屋根の施工状態で大きく変わるので

目安を鵜呑みにするのはお薦めしません。

それでは、何を目安に???と思われるでしょう・・。

実は屋根がサインを出しているんです。安全に屋根に登れる場合は直接。

そうでない場合は見積もり時に撮ってもらった写真を頼りに判断してみましょう。

①塗装の艶がなくなっている ②塗膜が無くなっている ③屋根にコケ・カビが生えている

④屋根材がひび割れや剥がれている ⑤建物が雨漏りを起こしている

①~③のサインが確認できたら、塗替え時期のサインですね。

④や⑤のサインが確認できたら、塗装以外の他の工事が必要になります。

 

 

~カバー工法にデメリットってあるの?~

 

いい事ばかりお伝えましたがデメリットもあります。カバー工法のデメリットは

「屋根が少し重くなる」です。既存のスレート屋根と比べて屋根が少し重くなります。

屋根が重くなるほど、住宅の重心が上がるために住宅の耐震性能が低下します。

しかし、屋根が少し重くなると言っても住宅の耐震性に大きく悪影響を与えるものでもありません。

スレート瓦からガルバリウム鋼板にカバー工法を行った場合の屋根の重量は、23〜26kg/㎡に

対して、日本瓦の屋根は60kg/㎡で、カバー工法の屋根の方がはるかに軽量です。住宅の耐震性能に

悪影響を与える可能性はありませんが、新規屋根材のガルバリウム鋼板の重さ分、

屋根が重くなることを理解しておいて下さい。

 

 

~ハウスメイクのオススメは?~

 

ハウスメイクでは屋根カバー工法の屋根材にメーカーとの共同開発により作られた耐久性が高く

最長25年保証を兼ね備えた金属成型瓦AIR SKY ROOF(エアースカイルーフ)を採用しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

屋根材の劣化が進行してしまうと屋根材が割れて雨水が侵入してしまいます。AIR SKY ROOFは

横長尺プレス加工による金属成型瓦です。独特の形状により美しい仕上がりが短工期で実現できます。

表面にはフッ素含有量85%のハイフッ素樹脂塗装を施しており、塗膜変褪色やひび割れに対し、

大変有効な製品です。一方、軒先から入った空気が棟から出る自然対流による通気構造は、

特に断冷熱効果や結露防止効果に優れ、1年中快適な暮らしを約束します。

 

 

【耐震性】 

 

      耐震性に優れたAIR SKY ROOFを採用することにより、地震の際でも住宅が全壊してしまう

      リスクを大きく軽減します。金属製瓦は日本瓦の様に割れたり落ちる心配がありません。

      屋外でも二次被害がなく安心な屋根材です。

 

 

【通気性】 

 

      屋根は湿気がこもりやすい為通気性が非常に大事。特に雨の降った日にはレインコートを

      2枚重ねで来ているような状態です。AIR SKY ROOFは既存の屋根との間に、

      空気流通層を作るため、屋根裏の空気が循環し、既存屋根を外気温とほぼ同じに保てます。

 

 

【軽量性】 

 

      AIR SKY ROOFは厚さ0.62㎜で、金属成型瓦業界No.1。変形しにくく高い耐久性を

      持っています。しかも日本瓦の1/6、カラーベストの1/2の軽量設計。

      建物の重心が低くなり、地震に対して強い耐震効果を発揮します。

 

 

【保 証】 

 

      AIR SKY ROOFは屋根材の中でもトップクラスの性能を持ちます。の保証は最長25年。

      耐候性・耐久性・耐熱性に優れており、塗膜のヒビ・割れ・剥がれ・白亜化・変褪色・

      赤錆に対し20年保証。穴あきには25年の保証が適用されます。

 

 

カバー工法の施工事例もハウスメイクのホームページに掲載しております。

下記のような写真での掲載になりますのでぜひ、ご覧になって観てください。

↓↓↓ハウスメイク屋根カバー工法施工事例↓↓↓

屋根カバー工法

 

 

屋根カバー工法は、費用を抑えることができるとても魅力的なリフォーム方法です。

お家の気になる点・お困りごと御座いましたら是非、ハウスメイクへご相談ください。

皆様からのお問い合わせ、スタッフ一同心よりお待ちしております。

 

 

ハウスメイク外壁塗装基礎知識 一覧に戻る

ページ上部へ戻る

Menu