外壁塗装基礎知識

外装リフォームでできること!

長時間厳しい外的環境にさらされてる為、必ず劣化してしまう外装、

なぜ外装リフォームが必要なのかご説明いたします。

 

外装はたくさんの部位で構成されている

 

 

この様にお家はたくさんの部位で構成されており、一つ一つ名称があります。

まずは、こちらをご紹介いたします。

 

1.屋根

 雨や日射を直接受けるため、外壁に比べて劣化しやすいです。

 屋根のメンテナンスはお家の寿命を延ばすことにつながります。

 劣化に気づきにくい分、早めの対応をいたしましょう。

 

2.換気棟

 屋根裏の湿気や熱気を取り除くために、屋根の棟部に設けた換気部材の事です。

 

3.破風板

 屋根の妻側部分に取り付ける板状の部材のこと。

 塗装や板金材を貼り、雨漏りの対策を行いましょう

 

4.雨樋

 雨の侵入による建物の腐食を防ぐため重要

 メンテナンスは定期的に行っていただきたいです。

 剥がれ・詰まり・歪みなどがひどくなると交換が必要。

 

5.ソーラーパネル

 別名:太陽電池パネル、太陽光で発電を行うためのパネルのこと

 

6.軒天

 屋根の裏の部分にある壁のこと、藻やカビなどができやすいので

 防御機能を持った通気性の良い塗料を使用します。

 

7.外壁

 大まかに分けるとモルタル壁・サイディング壁があります。

 コケ・カビ・腐食・ひび割れなど様々な症状を起こします。

 外壁塗装をし防御面を強化しましょう。

 

8.ベランダ・笠木

 ベランダは外観イメージを決めるポイントの一つです。

 雨風を直接触れるのでしっかり防水しましょう。

 笠木は塀や手すり、腰壁などの頂部に取り付ける仕上げ材です、

 雨漏りや下地の劣化につながるのでしっかりメンテナンスしましょう。

 

9.シャッターBOX

 今回シャッター式の写真をご用意してますが、雨戸式もあります。

 防犯・防雨・防風・防火・防音・遮熱などの効果を発揮します。

 

10.霧除け・庇

 雨や日差しが室内に入るのを防ぐ役割を担ってます。

 腐食が進むことでサビを起こし、酷い時は破損します。

 

11.窓・サッシ

 断熱性・防音性・防犯性など、住宅の機能性と快適性に大きくかかわってくる場所。

 

他にも鼻隠しや通気口などもあります。

特に通気口は外部から空気を取り込む為、サビや腐食が起こる場合もあります。

各部位定期的にメンテナンスを行ってください。

 

塗装のタイミングっていつ?

 

どの時点で塗装工事をしたらいいかわからない方も多いはずです。

 

この表の様にお家は時間経過とともに日々劣化しています。

一般的には新築10年塗装してから10年位とも言われていますが、

立地環境によっては早まったり長持ちしたりもします。

ですからお客様では判断しにくい所ではありますが、

ハウスメイクにはしっかりと資格を持った診断士がいらっしゃいます。

 

まずは、お家の診断をしてみてはいかがですか?

お住まいの建物診断からお見積まで無料で承ります。

お客様からのご相談・ご依頼を心よりお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

ハウスメイク外壁塗装基礎知識 一覧に戻る

ページ上部へ戻る

Menu