屋根外壁事例

千葉市中央区松波の屋根外壁事例

【三根 健太郎】現場調査結果・提案・コメント

千葉市中央区にてK様邸の屋根外壁塗装工事を行いました。
インターネットから複数社の比較検討をされている中、弊社推奨の日本ペイントプレミアム塗装「ダイヤモンドコートシステム」を大変気に入っていただき、ご縁となりました。
住まわれてから時間が経ち、そろそろ塗装を・・・と考えられていたところ、ご近所に弊社OBのお客様がおり、仕上がりを見たり、実際のお話を聞かせて頂くことで安心してご契約いただきました。
塗装するにあたり、窯業系サイディングの外壁とコロニアル屋根が使われており、経年による反りや防水機能の低下などの傷みがみられました。
そこで通常3回塗りのところ、弊社自慢の4回塗りでしっかり下地を作り、より強い塗装に仕上げました。
また、色をこれまでの雰囲気とは変えたいということで、とことん綿密に打ち合わせさせていただき、重厚感と落ち着きのある茶系での塗装になりました。
天気にも恵まれ、乾燥時間(インターバル)をきちんととって2週間という工期で仕上げることができました。
仕上がりを見て、「もっと早くにやるべきだった。ハウスメイクにお願いしてよかった」と非常にうれしいお褒めの言葉をいただきました。
「職人さんの仕事ぶり、マナーも良く、アフターにも期待しています」との事、ありがとうございます。
完工後は弊社代表の鈴木とお客様ご家族で記念撮影です。
生まれ変わった家と皆様の笑顔がまぶしいですね。
K様、この度はありがとうございます。今後とも末永くよろしくお願いいたします。

担当:三根 健太郎

三根 健太郎

千葉県 千葉市中央区松波をご紹介いたします。

施工写真のご紹介

写真をクリックすると拡大表示します。

施工中の様子

写真をクリックすると拡大表示します。

  • 【旧コーキング撤去】
    塗装の前に古くなったコーキングを補修します。
    まずは既存をきれいに撤去し、新しいコーキングを充填できるようにします。
  • 【コーキングプライマー塗布】
    きれいに撤去したら、壁材とコーキング材の接着剤になるプライマーを塗っていきます。
  • 【新規コーキング充填】
    コーキング材をたっぷりと充填し、隙間のないように均していきます。
    空洞ができないように押さえながら均すのが大切です。
    下地処理がきちんとしていると塗装は、より長持ちします。

屋根塗装の様子

写真をクリックすると拡大表示します。

  • 【屋根下塗り1回目】
    下地処理が終わったら塗装開始です。
    まずは屋根材と塗料の接着を強くするため下塗りしていきます。
  • 【屋根下塗り2回目】
    屋根は日光や風雨などに直接さらされるため、ダメージを受けやすい箇所でもあります。
    下塗りを2回することによって、より強い塗装にしていきます。
  • 【屋根中塗り】
    中塗りの様子です。
    今回は艶のある黒色で塗っていきます。
  • 【屋根上塗り】
    上塗りでさらに塗膜を厚くし、強度を増していきます。
    ムラなく均一に仕上げ、重厚感のある屋根になりました。

壁塗装の様子

写真をクリックすると拡大表示します。

  • 【外壁下塗り】
    外壁塗装の下塗りの様子です。
    壁材と塗料がしっかり接着するよう、たっぷり均一に塗っていきます。
  • 【外壁中塗り1回目】
    外壁は深い茶系色を選んでいただきました。
    適量を守って均一に塗っていきます。
  • 【外壁中塗り2回塗り】
    中塗り2回目でしっかり厚みをもたせます。
    ムラなく丁寧に仕上げていきます。
  • 【外壁上塗り】
    上塗りでさらに艶のある仕上がりになりました。
    黒色の屋根と合わせて、落ち着きのあるモダンな佇まいになりました。

お客様について

地域 千葉県 千葉市 工期 約2週間
施工内容 屋根外壁
使用塗料 日本ペイント ダイヤモンドコートシステム
施工金額目安 150~160万円

ページ上部へ戻る

Menu