外壁塗装基礎知識

40坪の外壁塗装の費用相場は「60万円~150万円」!価格を抑える方法も紹介

お読みいただきありがとうございます!『千葉県の外壁塗装専門店 ハウスメイク』です。

自宅の外壁塗装を検討する際に、最も気になることは「どれくらい費用がかかるか」ではないでしょうか。

また、外壁塗装は何度も経験するものではないので、見積もりを目の前にしたときに、価格が適正かどうか判断できないということもあるでしょう。

この記事では、40坪前後の住宅で外壁塗装を検討している方に向けて、費用相場や価格を抑える方法などについて紹介しています。

40坪以外の費用相場については「【外壁塗装の費用相場】50坪、40坪、30坪、20坪など坪数ごとに解説」で詳しく解説しています。

1.40坪の外壁塗装の費用相場は「60万円~150万円」

40坪の住宅で外壁塗装を行った場合、一般的には「60万円~120万円」が相場といわれています。

価格に幅がありますが、実際の外壁面積や塗料の種類(グレード)によって価格は大きく変動します。

以下では、住宅に使われることの多い一般的な塗料の種類と、40坪の外壁塗装を行った場合の費用相場について紹介しています。

塗料の種類 40坪の費用相場
アクリル 約60万円~80万円
ウレタン 約70万円~85万円
シリコン 約80万円~100万円
フッ素 約100万円~120万円
断熱塗料 約110万円~130万円
光触媒などの無機塗料 約120万円~150万円

※上記の価格は外壁塗装のみの費用相場です。屋根塗装を同時に行う場合、上記金額に20~30万円ほど追加料金がかかります。

様々種類のある塗料ですが、価格が安いのはアクリル塗料、ウレタン塗料などです。フッ素塗料、断熱塗料、光触媒塗料など機能性塗料を使用すると価格は高くなります。

また、外壁塗装と屋根塗装を同時に行う場合があります。
2つの工事を同時に行うと総額は高くなりますが、足場の設置や職人の手配などを効率化できるため、別々で作業した場合と比べると、それぞれの単価は安くなります。

なお、塗料の選び方については「【外壁塗装屋が解説】おすすめの塗料ベスト5 !シーンごとの最適な塗料も紹介」で詳しく解説しています。

千葉県の外壁塗装専門店 ハウスメイク」は、1級塗装技能士、建設業許可(塗装工事業許可)を保有しています。また、リウォール診断士の資格を持ったアドバイザーが、外壁塗装について丁寧にご説明しサポートします!業者選びでお悩みの方は、お気軽にご相談ください!

「ハウスメイク」については以下のページもご覧ください!

ハウスメイクの7つの安心

2.40坪の外壁塗装の費用内訳

続いて、塗装費用の具体的な内訳について紹介します。

以下の表は、外壁塗装にかかる費用内訳と、それぞれの費用の占める割合をまとめた表です。

外壁塗装の内訳 費用の割合
材料費 20%
足場代 20%
施工費(人件費) 30%
その他費用 30%

上記の表からわかる通り、外壁塗装にかかる費用は材料費20%、足場代20%、施工費(人件費)30%
%、その他費用30%からなっています。

以下では、それぞれの費用内訳について詳しく解説しています。

2-1.材料費(塗料)の相場

材料費とは、基本的には塗装に使われる塗料のことです。

材料費以外の足場代、施工費(人件費)、その他費用は、使う塗料が変わっても金額に大きな変動はありません。そのため、塗料の費用である材料費が、外壁塗装の費用総額を左右する要素となります。

また、塗料の違いが最も顕著に表れるのは、耐用年数(塗装してから次の塗り替えまでの年数)と機能性です。

そのため、塗料の価格と耐用年数、機能性を比較しながら塗料を決めることが重要です。

以下では塗料の種類別の費用相場と、耐用年数について記載します。塗料選びの参考にご確認ください。

塗料の種類 1平米あたりの単価相場 耐用年数
アクリル 1,000円~1,800円 5年~8年
ウレタン 1,700円~2,500円 7年~10年
シリコン 2,300円~3,500円 10年~15年
フッ素 3,500円~5,000円 13年~20年
断熱塗料 4,000円~5,000円 15年~20年
光触媒などの無機塗料 3,800円~5,500円 15年~25年

※上記はあくまで目安です。商品やメーカーによって価格や耐用年数は異なりますので詳しくは、塗装会社にお問い合わせください。

ご覧いただくとわかる通り、耐用年数が長いものほど、1平米あたりの単価相場が高くなります。また、安い塗料と高い塗料では耐用年数に数倍の差があります。

このように、塗料選びは目先の価格だけでは判断できない部分も多いです。そのため、塗料によって価格や耐用年数、機能性が変わることを踏まえ、外壁塗装の方針を検討することが重要です。

2-2.足場代の相場

続いて、足場代の費用相場についてご紹介します。

足場代とは文字通り、外壁塗装を行う職人が利用する、鉄骨の足場のことです。

足場代の相場は、1平米あたり600円~1,000円ほどです。足場代は設置する周辺の環境や、外壁の高さなどによっても料金は変わります。

実際に40坪の住宅を例に費用を計算すると、足場代金は12万円~17万円程度となります。

なお、この価格は一般的な概算金額であり、見積もりの内容を保証するものではありませんのでご注意ください。

2-3.施工費(人件費)の相場

続いて、外壁塗装工事にかかる施工費の相場について紹介します。

施工費はわかりやすく言い換えると、施工にかかる人件費のことです。外壁塗装では、塗装作業以外にも、洗浄、養生作業、現場管理、廃材の処理など様々な作業があり、それぞれに施工費はかかります。

以下では、施工費の項目と一般的な費用相場を紹介しています。

項目 施工費(人件費)の相場
塗料の飛散防止ネット 200円/平米
塗装前の高圧洗浄 250円/平米
養生 300円/平米
シーリング補強 1,000円/平米
下地補修 10,000~20,000円
現場管理費 30,000~50,000円
廃材処理費等 10,000~30,000円

※上記はあくまで目安です。作業の状況によって費用は異なりますので、塗装会社へお問い合わせください。

2-4.その他諸費用

外壁塗装の費用は先に紹介した材料費、足場代、施工費(人件費)以外にも、雑多な費用が掛かる場合があります。

具体的には、作業現場までの出張費や想定以外に必要になった部材費、特殊な塗料などを使用する場合の技術料など様々なものが考えられます。

見積を確認した際に気になるものがあれば、その場で確認するとよいでしょう。

千葉県の外壁塗装専門店 ハウスメイク」は、1級塗装技能士、建設業許可(塗装工事業許可)を保有しています。また、リウォール診断士の資格を持ったアドバイザーが、外壁塗装について丁寧にご説明しサポートします!業者選びでお悩みの方は、お気軽にご相談ください!

「ハウスメイク」については以下のページもご覧ください!

ハウスメイクの7つの安心

3.40坪の外壁塗装費用の計算方法

ここからは、業者に見積もりを取る前に自分で費用を把握しておきたいという方のために、簡単にできる外壁費用の計算方法をご紹介します。

以下の3ステップに沿って計算すれば、おおよその費用が把握できます。

3-1.①外壁面積の計算方法

まずは、塗装の対象となる外壁面積を計算しましょう。

一般的には、住宅の延べ床面積の1.2倍が外壁の面積とされていますので、この計算方法に沿って外壁面積を求めます。

計算式は以下の通りです。

延べ床面積(坪数×3.3平米) × 係数 1.2倍 = 外壁面積

上記の計算式にあてはめて、ちょうど40坪の住宅の外壁面積を求めます。

延べ床面積(40坪×3.3平米) × 係数 1.2倍 = 外壁面積 158.4平米

このようにちょうど40坪の住宅の場合、実際に塗装が必要な外壁面積は158.4平米となります。

なお、一坪の面積は3.3平米ですので、42坪であれば「42坪×3.3平米」、45坪であれば「45坪×3.3平米」を計算し延べ床面積を求めましょう。

実際には、窓の数や壁の高さなどによって異なりますので、あくまで参考の面積としてご理解ください。

3-2.②塗料費用の計算方法

続いて、先ほど求めた外壁面積に、塗料の単価をかけて計算します。

具体的な計算式は以下の通りです。

外壁面積 × 塗料の単価 = 塗料の費用

塗料の単価は、選択する塗料によって異なります。

以下にちょうど40坪の場合の、塗料の種類ごとの費用についてまとめています。

【塗料の種類ごとの費用相場】※40坪の外壁面積は158.4平米で計算しています。

塗料の種類 1平米あたりの単価相場 40坪の塗料費用
アクリル 1,000円~1,800円 158,400円~285,120円
ウレタン 1,700円~2,500円 269,280円~396,000円
シリコン 2,300円~3,500円 364,320円~554,400円
フッ素 3,500円~5,000円 554,400円~792,000円
断熱塗料 4,000円~5,000円 633,600円~792,000円
光触媒などの無機塗料 3,800円~5,500円 601,920円~871,200円

3-3.③付帯費用について

最後に、塗料費用以外にかかる付帯費用の求め方について紹介します。

付帯費用の計算方法については、平米単価があるものについては塗料費用の計算と同様、外壁面積などに平米単価をかけて求めます。また、廃材処理費等は単価ではなく1工事あたりに費用が掛かりますので、その場合は下記表を参考に計算します。

以下で40坪の外壁塗装の場合の、おおよその付帯費用についてまとめています。

【付帯費用について】

項目 施工費(人件費)の相場 40坪の付帯費用
塗料の飛散防止ネット 200円/平米 30,000円~
塗装前の高圧洗浄 250円/平米 40,000円~
養生 300円/平米 50,000円~
シーリング補強 1,000円/平米 150,000円~
下地補修 10,000~20,000円
現場管理費 30,000~50,000円
廃材処理費等 10,000~30,000円

※上記はあくまで目安です。作業状況によって異なりますので、塗装会社へお問い合わせください。

3-4.40坪の外壁塗装費用の計算方法のまとめ

ここまでで、自分で外壁塗装費用について計算する場合の方法についてご紹介しました。

具体的な手順をまとめると以下のようになります。

① 塗装する外壁面積を求める

② 外壁面積にお好みの塗料の平米単価を掛ける

③ 付帯費用を足す

但し、外壁塗装の費用は地域相場や、どのメーカーの塗料を利用するかといった様々な条件で異なります。そのため、あくまでも目安の金額である点についてはご留意ください。

千葉県の外壁塗装専門店 ハウスメイク」は、1級塗装技能士、建設業許可(塗装工事業許可)を保有しています。また、リウォール診断士の資格を持ったアドバイザーが、外壁塗装について丁寧にご説明しサポートします!業者選びでお悩みの方は、お気軽にご相談ください!

「ハウスメイク」については以下のページもご覧ください!

ハウスメイクの7つの安心

4.適正価格で塗装するポイント

先述の通り外壁塗装の費用は、地域相場やどのメーカーの塗料を使用するかといった要因にも左右されます。

そのため、適正価格で塗装を依頼するためには、いくつかのポイントを抑える必要があります。

以下では、適正価格で外壁塗装を依頼するためのポイントについて、詳しく紹介します。

4-1.複数の業者で相見積もりをする

適正価格を見極めるためには、複数業者に相見積もりして、料金を比較することがおすすめです。

外壁業者を選ぶ際、近所の塗装会社や、ポスティングチラシが入っていた業者など、身近なところから選びがちです。

もちろん、近所付き合いがあるので他に頼みにくい、業者を一つひとつ選んでいる時間がない、という方もいると思いますので、こういった選び方が絶対にNGというわけではありません。

しかし、このように1社としか打ち合わせをしないと費用の相場観をつかむことができませんし、適正価格かどうかの判断がつきません。

したがって見積もりを取る際には、1社だけではなく3社程度に見積もり依頼をするとよいでしょう。

なお、外壁業者を探す際には「外壁塗装 千葉」「外壁塗装 東京」というように「外壁塗装+地域名」などで検索すると、近所の塗装会社を簡単に探すことができます。

4-2.過度に価格の安さを売りにする業者に注意する

チラシやホームページなどで「格安」「激安」と過度に価格の安さを訴求している業者があります。外壁塗装に関していえば、価格の安さが必ずしも良いこととは言えません。

というのも、費用の安い業者でも高い業者でも、使用している塗料は同じように塗料メーカーから仕入れているため、仕入れ価格が大きく変わるということはありません。
また、人件費やその他の材料費も地域によって多少の差はあれ、目を見張るほどの価格差はありません。

つまり同じような施工内容であれば、会社によって金額が大きく変わるということは考えにくいのです。

となると格安、激安を売りにしている業者は、価格を大きく下げるために、塗料のグレードを下げる、本来は必要な人員を削って人件費を下げるというように、何かしらの手抜きを行っている可能性が考えられます。

もちろん、企業努力で安くしているという会社もあるかもしれませんが、そう多くはないでしょう。

このような理由から、過度に価格の安さを売りにする業者には注意しましょう。

4-3.キャンペーン、値引き等の大幅な値下げに注意する

実際に複数業者と打ち合わせをすると、「今なら○○の無料キャンペーンが使える」「依頼してくれたら見積もりからさらに〇万円値下げする」というように、営業的な提案を持ち掛けられることがあります。

相見積もりをとった場合などであれば、こういった営業的な提案も珍しくはありません。

しかし、「本来は200万円するが、期間限定で100万円にします」「即決してくれたら費用を半額にする」というように、あまりにも大幅な値下げ提案は、裏がある可能性も考えられますので注意しましょう。

実際、突然訪問してきたリフォーム業者が「○軒限定で300万円の費用を100万円に値引きします」というようなセリフで契約を迫ったうえで、手抜き工事をするといった悪徳手法もあります。

もし商談中に大幅な値引きを提案された場合は、なぜそこまで大幅な値引きができるのか理由を聞いてみましょう。

明確な回答がなかったり、何かをごまかしているようなそぶりがあれば、依頼してはいけません。

千葉県の外壁塗装専門店 ハウスメイク」は、1級塗装技能士、建設業許可(塗装工事業許可)を保有しています。また、リウォール診断士の資格を持ったアドバイザーが、外壁塗装について丁寧にご説明しサポートします!業者選びでお悩みの方は、お気軽にご相談ください!

「ハウスメイク」については以下のページもご覧ください!

ハウスメイクの7つの安心

5.塗装費用を安く抑える方法

最後に、外壁塗装の費用をできるだけ安く抑えるための方法について紹介します。

一般的にあまり知られていない方法も紹介していますので、ぜひご覧ください。

なお、ここで紹介している方法は、物惜しみをして安くするということではなく適正価格、相場感の中でできるだけ安く、お得に外壁塗装を行う方法です。

5-1.優良業者を選ぶ

まず、塗装費用を安く抑えるために重要なことは、優良業者を選ぶことです。

優良業者とは、以下のような業者を言います。

●施工実績が豊富で評価が高い
●施工技術が高い
●こちらの悩み、要望に真摯に耳を傾けてくれる

なぜ、優良業者を選ぶ必要があるかというと、そもそも外壁塗装は“一番だましやすい工事”と言われるほど、手を抜きやすい工事として知られています。

もちろん、多くの会社はそれなりの施工をしますが、倫理観の低い業者を選ぶと小さな手抜きがあったり、見積もり金額を少し水増しされたり、結果的に損をする可能性が高くなります。

このようなことから、できるだけ適正価格で、費用を抑えるためには優良業者を探すようにしましょう。

優良業者の選び方については「外壁塗装の業者選び方8ポイント!トラブル対策や悪質業者対策について」でも詳しく解説しています。

5-2.助成金・補助金を利用する

あまり知られてはいませんが、自治体によっては、外壁塗装に使える助成金や補助金を用意していることがあります。こういった助成金や補助金を利用することで、外壁塗装にかかる費用を抑えることができます。

自治体によって異なりますが、一般的には住居のリフォーム費用に対して、以下のような条件を満たした場合に工事費用の一部を負担するといった内容が多いです。

●工事費用が〇〇万円以上
●同じ市区町村内の指定業者を利用する
●築〇年以上の住宅の修繕
●その住宅に〇年以上住んでいる
●税金の滞納がない

また近年では、環境配慮の観点で、断熱塗装を対象に支給される補助金などもあります。

助成金・補助金の有無、利用条件などは自治体によって異なります。

利用を検討している方は、お住まいの自治体などに問い合わせてみましょう。

5-3.火災保険を利用する

もし火災保険に加入していれば、外壁塗装に火災保険が利用できる場合があります。

そもそも、火災保険の補償範囲の中には「自然災害」も含まれています。

自然災害とは落雷、風災、雪災などのことで、これらの災害によって外壁や屋根に被害があった場合、保険料が支払われます。

もちろん、単なる経年劣化では保険はおりません。しかし「台風等による飛来物で外壁が破損していた」「豪雪によって屋根材が破損した」といったケースであれば補修費用の一部または、全額に保険が適応される場合があります。

具体的な補償内容は契約によりますが、一般的には以下のような条件を満たした場合に適応されます。

●災害による破損がある
●被災してから3年以内に申請している
●各火災保険の補償条件を満たしている

火災保険に加入している場合は、保険会社に連絡し補償内容について確認してみましょう。

5-4.見積もり後に交渉する

できるだけ費用を安くするために最も効果的なのことは、見積もりをもらった後に交渉することです。

例えば、複数社に見積もりをもらったところ「会社の対応はA社がよかったが、価格はB社のほうが安かった」といったことはよくあることです。

このような場合に、A社に対して「B社は○万円で見積もりしてくれたが、何とかその価格に合わせられないか」といった相談をすると、相談に乗ってくれる場合があります。

また別の例を挙げると、通常、塗装業者は「依頼をいただいた家がしっかり綺麗になるよう」ベストな見積もりを作成します。

しかし、「全部が綺麗でなくとも、正面から見える部分が綺麗になっていればよい」、「劣化の少ない面はそのままでよいので、できるだけ安くしたい」といった個別の要望もあるでしょう。

このような場合、人目に付きづらい面は塗料のグレードを下げたり、塗装する面積を減らしたりして費用を安く調整してくれる場合もあります。

このように見積もりをもらった後、具体的な工事内容などを聞き、細かく調整して価格を安くする方法もあります。

但し、ほとんどの業者は良心的な価格で見積もりを作成してくれているはずです。そのため、何度も値引きを迫ったり、無理な値引きを要求しないよう良識の範囲で交渉しましょう。

6.40坪の外壁塗装費用まとめ

この記事では、40坪前後の住宅で外壁塗装を検討している方に向けて、費用相場や価格を抑える方法などについて詳しく解説しました。

40坪の外壁塗装の費用相場は「60万円~150万円」です。

但し、実際の費用は塗料の種類や外壁面積、地域などによって変動するため、相場観をつかむためにも複数の業者に相見積もりをし、条件の良い業者を探すことが重要です。

外壁は住宅にとって重要な部分です。そのため、値段の安さだけでなく、塗料の耐用年数、機能性なども考慮して適正価格を見極めることが、満足のいく外壁塗装をするコツです。

千葉県の外壁塗装専門店 ハウスメイク」は、7,000棟以上の施工実績を持つ、地域密着型の外壁塗装業者です。

日本ペイントの登録認定施工店なので、10年色褪せないプレミアム外壁塗装システム「ダイヤモンドコート」の施工も対応しています。

また、日本ペイントから認定を受けたリウォール診断士の資格を持つ当社の社員が、現場調査から工事完了まで一貫して対応するため、安心してお任せいただけます。

外壁塗装をご検討の方は、ぜひ「千葉県の外壁塗装専門店 ハウスメイク」へご相談ください。

千葉県の外壁塗装専門店 ハウスメイク」は、1級塗装技能士、建設業許可(塗装工事業許可)を保有しています。また、リウォール診断士の資格を持ったアドバイザーが、外壁塗装について丁寧にご説明しサポートします!業者選びでお悩みの方は、お気軽にご相談ください!

「ハウスメイク」については以下のページもご覧ください!

ハウスメイクの7つの安心

ハウスメイク外壁塗装基礎知識 一覧に戻る

ページ上部へ戻る

Menu